HOME > 会長挨拶

会長挨拶

機械工学同窓会会長
機能創成専攻 生体工学領域
教授 和 田 成 生(S61卒,第23期生)

拝啓 会員の皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 平成18年4月より、田原弘一 前会長(現,大阪工業大学教授)の後を継ぎ、第20代会長(脚注)を務めております和田成生と申します。日頃は、同窓会活動にご協力頂き、誠に有難うございます。

本会は、昭和40年3月に旧機械工学科の同窓会として発足しました。現在は、システム科学科機械科学コースおよび基礎工学研究科機能創成専攻のうち機械系研究室がその活動を引き継いでおり、正会員数は3,300名を超えております。ご承知のとおり、本学科は「科学と技術の融合」を合言葉に、多くの有能な人材を社会に輩出して参りました。同窓会と言えば卒業生の集いというイメージをお持ちかも知れませんが、大学における同窓会には、学生時代に培われた文化を共有した仲間を介して、広く社会と個人、そして大学とを結びつけるという役割があります。法人化されて大学も大きく変わりつつありますが、卒業生を中心とした社会との繋がりを無くして、その使命を果たすことはできません。また、こうした活動が時代を超えて母体となる組織の発展、繁栄につながるものと考えております。

本同窓会では、卒業生の情報交換の場を提供するために、3年に1回の割合で会員名簿の発行をこれまで行って参りました。しかしながら、個人情報に関する諸事情により、2004年度以降、名簿の発行が難しい状況になっておりました。そこで、吉田義樹 第17代会長、桃瀬一成 第18代会長の時代から会員名簿の電子化に取り組んでおりましたが、このたび同窓会の名簿管理を専門とする業者に委託して、新たにホームページを開設し、平成20年10月よりWeb上で名簿の閲覧および管理が行えるシステムを導入することに致しました。それに先駆けて7月より導入いたしましたWeb名簿システムでは、会員の皆様お一人お一人に個別のIDとパスワードを発行し、ご本人に直接Web上で個人情報を更新していただくことにより、いつでも最新の名簿を会員の皆様に限定してご提供できるようになっております。詳しくは、「ご利用の手引き」(裏面)をご覧ください。これにより、卒業生と在校生、ならびに大学や関連企業・団体とのコミュニケーションが一層計られるものと期待しております。同窓会としましても、このシステムを活用して、学内の諸行事や教育活動、最新の研究動向など、同窓生の皆様のニーズにこたえる情報を発信していきたいと考えております。

※Web名簿システムには、右側メニュー最上部 【Web名簿システムへ】 ボタンからお入りください。

大学組織の改組や教員の移動等で同窓会を取り巻く環境も変わりつつあり、同窓会の運営も次第に難しくなってきておりますが、今後も会員の皆様とともに、機械工学同窓会の維持・発展に努めていきたいと考えておりますので、どうかご協力のほどよろしくお願いいたします。

最後になりましたが、同窓会会員の皆様のご健康と益々のご活躍をお祈り申し上げます。

敬 具