HOME

第32回基礎工学研究科産学交流会開催のお知らせ

開催日時:平成28年11月30日(水)13:00~17:00
場  所:大阪商工会議所401号会議室

「機械工学が支えるライフサイエンス」
~生体計測から医療応用まで~

13:00 開会の辞

基礎工学研究科 産学連携室室長 教授 和田 成生

13:10 趣旨説明

基礎工学研究科長 教授 河原 源太

13:10 挨拶

大阪商工会議所 経済産業部長 中野 亮一

13:30 講演 プロジェクトHIBIKI:マイクロマシン技術による新型人工内耳の開発

基礎工学研究科 機能創成専攻 教授 川野 聡恭

14:20 講演 身体運動の科学とロボット技術
       ~運動の理解から診断・治療の支援まで~

基礎工学研究科 機能創成専攻 准教授 平井 宏明

<休憩 10分間>

15:20 講演 細胞が発生する微小な力の見える化

基礎工学研究科 機能創成専攻 教授 出口 真次

16:10 講演 医工連携から産学連携へ
       ~Created in Japanを目指して~

基礎工学研究科 機能創成専攻 教授 和田 成生

17:00 閉会の辞

生産技術振興協会 常務理事 更家 悠介

17:20 懇親会
   場 所:マイドームおおさか 1階「レストランマイドーム」

   参加費:2,000円

主催
  大阪大学 大学院基礎工学研究科
  大阪商工会議所、生産技術振興協会

参加申込み先(講演会:無料、懇親会:参加費2,000円)
  大阪商工会議所 ホームページまたはFAX
  〒540-0029 大阪市中央区本町2番8号

問い合わせ先
  基礎工学研究科 産学連携室
  〒560-8531 豊中市待兼山町1番3号
  sangaku-jimu[at]es.osaka-u.ac.jp
  ※[at]は@マークに置き換えてください

20160906a-1

Last Update : 2016/09/06

ソフトボール決勝戦 後藤研究室 優勝!!

2016年7月1日、7月4日 後藤研VS平尾研 グラウンドにて

 今年も例年通り、機械科学コース11研究室対抗によるソフトボール大会が行われました。 今年の決勝戦も、うだるような暑さの中行われました。 2回までは平尾研究室がリードしていましたが、4回に後藤研究室が4点を追加し、そのまま逃げ切る形で優勝となりました。 圧倒的な強さで勝ち進んできた後藤研究室と、昨年連覇を絶たれその屈辱を晴らしたい平尾研究室、両研究室ともに最後まで諦めず、プレーと応援に汗を流していました。 みなさん、今年もお疲れ様でした。

決勝戦スコアボード

1 2 3 4 5 6 7
後藤研 1 2 0 4 1 0 0 8
平尾研 3 3 0 0 1 0 0 7
image001 image003
image005 image007
image009 image011
image013
image015 image017
image019 image021
image023 image025
image027 image029

(写真提供:後藤研究室・平尾研究室)

Last Update : 2016/07/19

大阪大学基礎工学部関東支部同窓会 第六回開催の案内

拝啓、時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、今年も各学科の代表が幹事となり、基礎工学部関東支部同窓会の第六回目を開催することとなりました。つきましては、下記の御案内の要領にて、第六回総会並びに懇親会をとりおこないますので、ご学友の皆様お誘いあわせの上、多数ご出席くださいますようお願い申し上げます。

敬具

平成28年7月吉日
基礎工学部同窓会 関東支部長
梅田 克也(機械 1987年卒)

日時:平成28年10月15日(土) 12:00~15:00
   (受付 11:30より)

場所:〒102-0085 東京都千代田区六番町15(JR四ツ谷駅 麹町口のほぼ正面)
   主婦会館プラザエフ 9階 スズラン
   TEL:03-3265-8111  http://plaza-f.or.jp/index2/

趣旨・目的:
科学と技術の融合により、人類の真の文化を創造すると言う基礎工学部の創設理念のもと、関東近隣在住の会員を中心に相互の親睦と交流を図る。

式次第:司会 徳良 晋 (機械 1999年卒)

12:00 開会挨拶 関東支部長 梅田 克也
 各学科代表幹事の紹介
 会計報告
12:05 大阪大学基礎工学部同窓会会長ご挨拶  
 ナノサイエンスデザイン教育研究センター副センター長 伊藤 正 様
 来賓のご挨拶・ご紹介
12:10 「大阪大学基礎工学部の近況」
 基礎工学研究科長  河原 源太 様
12:30 記念講演
 大阪大学第18代総長 西尾 章治郎 様
 (元 基礎工学部情報工学科教授)
13:00 懇親会(立食)
 乾杯、懇談、記念撮影
15:00 閉会
 *終了後同会場での二次会はありません。各学科でご計画ください。

会費: 6,000円(当日会場で申し受けます。)
出席・欠席の返信の連絡先(学科代表に原則メールでご返信ください。)
機械:梅田:katsuya.umeda@toshiba.co.jp
   徳良:susumu_tokura@nifty.com

————————– 出欠連絡票 ———————–
大阪大学基礎工学部関東支部同窓会2016年10月15日(土)に
出席します。欠席します。(左記のいずれかを削除してください。)
氏名:
卒業学科ならびに卒業(修了)年:
メールアドレス
————————————————————–

以上

Last Update : 2016/07/13

大阪大学同窓会連合よりご案内

8月20日開催予定の「大阪大学の集い(岡山)」につきまして、改めてご案内いたします。

今回、岡山で初めての「大阪大学の集い」になりますが、おかげさまで、中・四国地域にお住まいの方を中心とした、各学部・研究科ご出身の幅広い年代の方からのお申し込みをいただいているところです。
まだ席に余裕があり、参加申し込みを8月5日(金)まで受け付けております。
多くの皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

○大阪大学の集いin岡山
日時:2016年8月20日(土)15:30~(15:00受付開始予定)
場所:岡山コンベンションセンター イベントホール(JR岡山駅直結)
定員:150名
プログラム
15:30~16:45 セレモニー・講演会
16:45~18:30 懇談会(会費3,000円)

詳細は下記URLをご覧ください
http://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/event/2016/08/20160820_01

【お問い合わせ先】
 大阪大学 卒業生室
 電話 06-6879-7196
 Email(お問い合わせ専用)alumni-info[at]ml.office.osaka-u.ac.jp
 ※[at]は@に変更してください。

Last Update : 2016/07/13

H27年度WEB総会のご案内

平成27年度総会をWEBにて開催致します。

下記の議案についてご審議をお願いします。ご意見、ご質問がある場合、ご承認頂けない場合は、平成28年6月30日(木)までに、機械工学同窓会事務局にご連絡ください。期日までにご連絡がない場合は、ご承認頂けたものとさせて頂きます。

議案1 平成27年度会計監査報告について
1-1 資料1の会計報告を承認する。

議案2 平成28年度幹事会議決事案について
2-1 幹事会で議決された事案(資料2の幹事会議事録参照)を承認する。

 

資料1 H27年度会計報告 [掲載終了]

資料2 H28年幹事会 議事録 [掲載終了]

資料3 H27年度活動報告 [掲載終了]

 

(注)資料1にはパスワードがかかっております。会員ログインをして頂きますと、パスワードが書かれていますので、それをお使いください。

 

 

[連絡先:大阪大学基礎工学部機械工学同窓会 事務局]
〒560-8531 大阪府豊中市待兼山町1-3
大阪大学基礎工学部 システム科学科機械科学コース内

 

電話  06-6850-6211
FAX  06-6850-6212
E-Mail dosokai-jimu[at]me.es.osaka-u.ac.jp ※[at]は@に置き換えてください。

Last Update : 2016/06/01

今市憲作先生を偲ぶ会報告

平成28年5月1日(日)基礎工学国際棟にて,2月16日に逝去された今市憲作先生を偲ぶ会を開催いたしました.

今市先生は基礎工学部設立直後の昭和36年に機械工学科流学講座の助教授として着任されました.その後,昭和46年に教授に昇進され,昭和60年に退官されるまで流体工学の教育・研究に務められました.特に,京都府和知ダム事故の流体力学的原因を解析した「表面波の発生と連成したテンタゲートの自励振動」や,遠心型ターボ機械の性能を理論解析した「渦形室と遠心羽根車の干渉」が著名であり,流体工学の発展に貢献されました.学外では,日本機械学会理事,ターボ機械協会総務理事及び企画理事の要職を歴任され,我が国の流体力学・流体機械工学の分野で指導的な役割を果たされました.退官後も,大阪補機製作所取締役社長,シップ・アンド・オーシャン財団会長,長崎総合科学大学理事等を務められ,広く活躍を続けられました.顕著な功績により,平成28年3月15日に,従四位 瑞宝小綬章の叙位叙勲が決定しました.

偲ぶ会は,植松/今市研究室の卒業生の香月正司(昭和40年卒,大阪大学名誉教授),中村邦夫(昭和40年卒,元大阪大学特任教授),講座前教授の辻本良信(大阪大学名誉教授),現教授の杉山和靖が発起人となり,準備を進めてきました.当日は,連休中にもかからわず,多くの研究室卒業生にご出席いただきました.また,今市先生のご長男 今市勝也氏,基礎工学研究科長 河原源太教授,同窓会会長 和田成生教授をお迎えし,総勢48名もの方々にお集まり頂きました.会は終始,和やかな雰囲気で進められました.

偲ぶ会の第1部は,国際棟Σホールにて,辻本先生の司会のもと,まず,参加者全員で黙祷を捧げました.そして,同窓会会長として和田先生よりご挨拶を頂き,今市先生が先見の明をもって教育の国際化に尽力され,国際棟の設立を提唱された旨の説明がございました.また,ご長男の勝也氏よりご遺族としてのご挨拶を頂き,今市先生が最後まで好奇心旺盛で,「青春」を楽しまれていた様子が伺えました.その後,研究室卒業生として中村氏,香月先生,山崎雅裕氏(昭和53年卒),吉田義樹氏(昭和53年卒)からスライドを使って思い出話を披露して頂きました.大学教員時代・退職後の功績をはじめに,豊富な知識,高雅な大人の振る舞い,学生思いの面倒見の良さ,度量が大きく快活な性格等,魅力ある人柄を示すエピソードを熱心に紹介して頂きました.

第2部では,国際棟ホワイエに場所を移動し,堀江正俊氏(昭和47年卒)の司会のもと,懇親会を行いました.久しぶりに会う参加者の間で,今市先生の生前を偲ぶ会話がはずみました.

偲ぶ会の資料は,杉山研究室のHP
http://flow.me.es.osaka-u.ac.jp/Imaichi/

で公開しております.同窓会員の皆様にも,是非,ご覧頂ければと存じます.

最後に,ご参加いただいた皆様に御礼申し上げます.また,偲ぶ会を行うにあたり,同窓会の関係者をはじめとして,多大なご協力をいただきました皆様方に感謝の意を表します.

文責: 杉山和靖

souvenirpicture imaichikatsuya
sugiyama siguma

偲ぶ会当日の様子

Last Update : 2016/05/10

研究室だより Vol.12 和田研究室

生体工学領域 生体機械科学講座 バイオメカニクスグループ

医学と工学をむすぶ生体力学シミュレーション

教授・和田成生、講師・越山顕一朗、特任准教授・伊井仁志

kentayori_v12 当研究室では、生体計測と様々な計算力学シミュレーションを組み合わせて、細胞から組織、器官に至る生体のマルチスケールな物理現象とそれに関わる生物 現象を統合的に理解する研究を行っています。これにより、生体の機能発現の基礎となる力学特性だけでなく、生体特有の力学的適応現象やリモデリングのメカ ニズムの解明を目指しています。また、得られた知見をもとに、病気の診断や治療、進行予測に生体力学シミュレーションを活用する新しい医療支援システムの開発を行っています。
 今回紹介するのは、血液の主成分である“赤血球”の膜破断に関する分子シミュレーション研究です。赤血球は心臓を出発して肺で酸素を獲得して心臓に戻り、次に全身を回って酸素を体の至る所に輸送して心臓に戻り,再び肺へと出発する循環をしています。赤血球の通過する血管は狭いところではそのサイズよりも小さく、また循環中に血流は様々に変化します.このため,循環中に赤血球は様々な力学的負荷 (つぶされたり、ひっぱられたり)を受けます。時には、過度な力学的負荷によって赤血球を覆う膜が破れて内容物がでてしまう“溶血”が生じます。溶血は、特に弱くなった心臓の働きを補助するための医工学技術の一つである補助人工心臓ポンプの設計において問題となります。しかし、溶血はナノ(10-9)メートルサイズの膜のナノ秒での構造変化を伴うため、通常の実験装置などでは観察することができません。そこで、我々は膜の構造変化を分子レベルで追うことが可能な生体膜分子動力学シミュレーションを利用して研究を進めています。最新の研究では、赤血球膜の主成分の一つであるコレステロールが力学的負荷下での膜構造変化に与える影響を分子レベルで詳細に明らかにしています(図参照)。

図:力学負荷前後のコレステロールを含む生体膜分子モデルの側面図。力学負荷によって二重層構造から組み込み一重層構造への相転移が観察される。

和田研究室
https://sites.google.com/site/biomechwadalab/

参考論文
http://www.nature.com/articles/srep15369

Last Update : 2016/04/26

寄付のお礼(平成27年度受付分)

ご寄付を頂きありがとうございました。
いただきました方のご芳名を記し、
同窓会からのお礼に代えさせていただきます。
なお、敬称は省略させて頂きました。

機械工学同窓会会長 和田 成生

塩崎 晴美
島本 恭次
鈴木 睦二

Last Update : 2016/04/05